なぜ、日本には覇気がなかったのか?

投稿日:2006年6月23日

私がサッカーを、
ワールドカップを好きな理由は、
そこに、金銭的な価値をはるかに超えた次元の、男たちの「誇り」を気が遠くなるほど感じるからだ。

22日に行われた、
「コートジボアール×セルビアモンテネグロ」は、凄まじいゲームだった。

両者ともに、
決勝トーナメントへの可能性がなくなっているにもかかわらず、
己のプライドに賭けて壮絶な「闘い」が繰り広げられた。
ゆるい消化試合になってもしかたがない状況下で、
9枚のイエローカードが飛び、2人の退場者が出る、まさに死闘と呼ぶにふさわしい対戦。
私は、このゲームが本当にリーグ突破を賭けていない試合だとは信じられず、
試合途中にインターネットで勝ち点の状況を確認をしてしまったくらいである。

翌日に行われた、「日本×ブラジル」のゲームは、
私にとってはひどく奇妙な試合に見えた。

まったく状況を知らない人がこの試合を見たら、
日本が、
「2点差をつけて勝たなければグループリーグ突破の道が途絶えてしまうチーム」
であることを、
信じられなかったのではないだろうか。

ことさらにファウルを奨励するつもりはまったくないが、
予選リーグ最終戦で、ここで負ければ後は無い、追い詰められたチームが、
「絶対にこれ以上1点も与えることはできない」
という状況になれば、ゴール前でのイエローカードが大量に出てしまうのがサッカーの常だ。

日本代表選手は、「世界一のブラジル」という名前に、
戦う前からビビッて萎縮していたとしか、私には思えない。

なぜ、日本代表に覇気がなかったのか、は私はよくわからない。
中田とそれ以外のメンバーとの不仲もうわさされるが、
真相は誰にもわからない。

イタリアを苦しめたアメリカや、
2敗しながらも最後に1つの勝利を獲得したコートジボアールが、
私はとても羨ましい。
ワールドカップから去ることになっても、誇るものを彼らは持っているからだ。

今回のワールドカップにおいて、
「記憶に残るいいゲーム」は、日本代表の試合からは生まれなかった。

それだけが、私は残念で仕方がないのである。

4年後に期待しよう。

188313 サッカー 日本 代表
108749 日本 サッカー 協会
30337 サッカー 日本 代表 メンバー
16791 サッカー 日本 代表 画像
15277 サッカー 日本 代表 ユニフォーム
13651 日本 代表 サッカー
12847 サッカー 日本 代表 背番号
12335 サッカー 日本 代表 2006
11358 日本 サッカー
8959 サッカー 日本 代表 メンバー 発表
6914 サッカー 日本 代表 j ビレッジ
6630 jfa 日本 サッカー 協会
5512 サッカー 日本 代表 壁紙
4932 サッカー 日本 代表 グッズ

滝井秀典メルマガに登録

PPC広告成功の極意やセミナー優待情報。セミナーはメルマガの告知で毎回すぐ埋まってしまいますんでぜひご登録を。

アドレスを入力して、登録する方はこちら

空メールを送信して登録もできます。


プロフィール

  • 滝井秀典
  • キーワードマーケティング 代表取締役。検索キーワード広告(PPC、リスティング広告)の研究、実践、教育をしています。会社の方では運用代行など。
  • 株式会社キーワードマーケティング

著書・推薦本

公式ブログ

検索広告のテクニカルなノウハウなどはこちらから↓
公式キーワードマーケティングブログ

twitter

アーカイブ