コラム:誇りを持つ人、持たない人

投稿日:2006年11月27日

今日のニュースで、

郵政民営化に反対した元自民党員が、復党する、というのがあった。

私は、別に自民党が復党させようがさせまいが、
一向に構わないと思う。

が、しかし、疑問に思う点は、
「郵政民営化に反対します!」

と大見得を切っておいて、
「やっぱり民営化に賛成しますわ。だから戻してよ」

というような恥も外聞もない輩が、次の選挙で勝てるのだろうか?
という点だ。

そんな「志も誇りを持たない輩」に投票する人間がいるとは、
私には到底思えないのだが。。。

一方、時を同じくして今日、ひっそりとこんなニュースが流れた。

プロゴルファーの横田真一、特例を辞退してシード権を失う

横田真一は、タレントの穴井夕子と結婚した、
なんとも愛嬌のある顔立ちの憎めないキャラのプロゴルファー。

今年不調でシード権落ちになったのだが、
これを協会が「選手会長として頑張っているから、
特例としてシード権をあげるよ」と申し出ていた。

プロゴルファーにとって、シード権を失うことは、
「死刑」を宣告されたようなものだ。
毎回予備予選から勝ち上がっていかなればならないから、
大きな賞金を稼げるチャンスが限りなくゼロになってしまう。

収入のことだけを考えれば、
協会の申し出を受け入れた方が、圧倒的に有利であることは間違いない。

が、これを、彼は辞退した。

勝負の場で負けたのに、あいまいな救済を受け入れることは、
彼の誇り、プライドが許さなかったのだろう。

「誇り」を取るか、「金」を取るか、
は、もちろん人それぞれだ。
別にどっちを選んだっていいと思う。

しかし、私は、少なくとも、
来年1歳になる息子に、
「父さんは誇りよりも金を選ぶ人間なんだね」

とは、いわれないように生きたいと、
いつも考えている。

959 横田 真一
34 横田 真一 穴井 夕子
15 穴井 夕子 横田 真一
14 横田 真一 – アダルト
13 横田 真一 妻
12 横田 真一 プロ パッティング
12 深堀 圭一郎 vs 横田 真一 実戦 即効 レッスン
10 横田 真一 披露宴

滝井秀典メルマガに登録

PPC広告成功の極意やセミナー優待情報。セミナーはメルマガの告知で毎回すぐ埋まってしまいますんでぜひご登録を。

アドレスを入力して、登録する方はこちら

空メールを送信して登録もできます。


プロフィール

  • 滝井秀典
  • キーワードマーケティング 代表取締役。検索キーワード広告(PPC、リスティング広告)の研究、実践、教育をしています。会社の方では運用代行など。
  • 株式会社キーワードマーケティング

著書・推薦本

公式ブログ

検索広告のテクニカルなノウハウなどはこちらから↓
公式キーワードマーケティングブログ

twitter

アーカイブ