suicideというキーワードでアメリカオーバーチュアは

投稿日:2004年10月29日

cc114090.jpg昨日の続き。アメリカでsuicideと検索すると、なんと10サイトが広告を出している。日本はひとつだけだ。カウンセラーが中心だが、women todayのようなポータルも出している。面白いのはそのサイトの内容。
「あなたが鬱気分になっているのだとしたら、それは単に神経化学物質が不足しているだけなんだよ」と、情報提供し、その後いくつかの提案として、「カウンセリングを頼む」「医者へ行く」などとアクションに落としているわけだ。
今回何がいいたいか、というとね、このようにネガティブキーワードというのは、需要が高い割には対応する供給が少ない穴場であることが多い。ということ。ニッチな市場への参入、起業、フロントエンドをつくるならネガティブなところから入っても面白いかもしれない。

115419=suicide

滝井秀典メルマガに登録

PPC広告成功の極意やセミナー優待情報。セミナーはメルマガの告知で毎回すぐ埋まってしまいますんでぜひご登録を。

アドレスを入力して、登録する方はこちら

空メールを送信して登録もできます。


プロフィール

  • 滝井秀典
  • キーワードマーケティング 代表取締役。検索キーワード広告(PPC、リスティング広告)の研究、実践、教育をしています。会社の方では運用代行など。
  • 株式会社キーワードマーケティング

著書・推薦本

公式ブログ

検索広告のテクニカルなノウハウなどはこちらから↓
公式キーワードマーケティングブログ

twitter

アーカイブ