Googleアドワーズで広告文を追加する方法

投稿日:2012年7月9日

(初心者向け)

Googleアドワーズでは、
「広告文を広告グループに”追加”する」
ことが、
費用対効果を高めるには有効です。

これはABテストをしよう、
というようなありきたりのメッセージを言いたいわけではなく、

単純に、
Googleアドワーズは、
広告文を追加しただけで、

・品質スコアアップ
・クリック単価低下

が、数分後に瞬時に起こる現象もよくあるから、です。

ちなみに、
クリック率の高い広告文がクリックされた場合、
クリック単価が数十%下がることもあります。
これは、品質スコアと連動しないケースも多々あります。
(スコアが上がらなくても、クリック単価低下の恩恵に預かれる)

特に、以下の様なシチュエーションで有効です。

・広告グループに広告文がひとつしかない
・その広告グループのキーワードの品質スコアが「3」以下
・クリック単価が500円以上など高騰気味

もちろん、
追加する広告文は、
既存の広告文とはコンセプトの違いがあるものにしてくださいね。

「送料無料」
が既存の広告文であれば、

「スピード対応」
を新規追加の広告文のタイトルにいれる、
などです。

広告文追加は、
ケースによって様々ですが、
2個くらい追加して、
3個くらいで並行で動かすとよいと思います。

あまりたくさんの広告文を同時に動かすのは、
いろんな意味でデメリットの方が多くなってしまいます。

●Googleアドワーズで広告文を新規追加する方法

広告グループをどれか選び、
「広告」のタブを選択し、
「新規広告を追加」をクリックします。↓

検索キーワード広告を出すのなら、
「テキスト広告」になるので、それを選択します。

すると、
以下の様なボックスが出てくるので、広告文を記載して、
「次の国のみをターゲットに、文字数の長いテキスト広告の作成を希望します。」
にチェックを入れ、
広告を保存します。

これで終了です。

なお、
この施策はいずれにしても、
クリック率が高くなければ、品質スコアアップも、クリック単価低下にもつながりにくくなります。

いくらクリック率が高くても、
コンバージョン率が低ければ、広告主としてあまり意味がないので、
このへんのバランスは難しいですね。

いつ、どのようにこの判断をするか、
ということは、統計有意性を加味して考え決定することになります。

統計有意に関しては、
近々、ブログに書いてみようと思います。

滝井秀典メルマガに登録

PPC広告成功の極意やセミナー優待情報。セミナーはメルマガの告知で毎回すぐ埋まってしまいますんでぜひご登録を。

アドレスを入力して、登録する方はこちら

空メールを送信して登録もできます。


プロフィール

  • 滝井秀典
  • キーワードマーケティング 代表取締役。検索キーワード広告(PPC、リスティング広告)の研究、実践、教育をしています。会社の方では運用代行など。
  • 株式会社キーワードマーケティング

著書・推薦本

公式ブログ

検索広告のテクニカルなノウハウなどはこちらから↓
公式キーワードマーケティングブログ

twitter

アーカイブ