実力負けだった日本×イラン

投稿日:2005年3月28日

およそ世界中のありとあらゆる「球技」スポーツの中で。
サッカーほど「ロースコア」で勝敗が決まるは存在しない。

だからこそ、たったの1点が入るか入らないかが、胃に穴が開くくらいの恐ろしい緊張感をもたらすわけだ。

サッカーはそんな意味で、「楽しんで見る」というより、「ここで相手に1点を入れられたらどうしよう」という恐怖感、スリルを味わうスポーツ、なんである。

今までの日本代表は「実力があるのに力を出し切れずに負ける」ということが多かったけれど。
残念ながら、先週金曜日の代表戦は、完全に実力負けだったと思う。

サッカーにおいて、
「同点に追いつかれたチームが、引き分け狙いのチームに対して、少ない残り時間の中で1点を追加して勝つことができる」
というシチュエーションは、かなりの実力差が必要だからね。

7888 イラン

滝井秀典メルマガに登録

PPC広告成功の極意やセミナー優待情報。セミナーはメルマガの告知で毎回すぐ埋まってしまいますんでぜひご登録を。

アドレスを入力して、登録する方はこちら

空メールを送信して登録もできます。


プロフィール

  • 滝井秀典
  • キーワードマーケティング研究所 代表取締役。検索キーワード広告(PPC、リスティング広告)の研究、実践、教育をしています。会社の方では運用代行など。
  • キーワードマーケティング研究所

著書・推薦本

公式ブログ

検索広告のテクニカルなノウハウなどはこちらから↓
公式キーワードマーケティング研究所ブログ

twitter

アーカイブ