最新のGoogleモバイルの検索キーワード分析(けっこう使えるかも)

投稿日:2007年10月8日

久しぶりにまじめな情報を。

モバイルにおける、
Googleの検索分析記事。

どうやらまともな情報らしい。

どちらも英語ですがリンクはこちら。

紹介WEBはこちら。

記事のPDF原文はこちら。

「検索した後に、クリックする確率」
が、ここ2年で急激に上昇した、
というところはとても面白い。

「Mobile search statistics」
という図の、
「Percent of queries that had at least one click」

というところ。

解説原文を見ると、

In 2005, users followed less than 10 percent of queries
with at least one click on a search result. In 2007, that
percentage rose to well over 50 percent.
(2005年だと、検索結果をクリックする確率は10%以下
だったが、2007年には50%以上になった)

とあり、
その理由は、
「XHTML」がモバイルで使えるようになったこと、
および、
検索結果が出てくるスピードが速まったこと、
をあげている。

ほかはあまりマーケティング上は、
見るべき点はないが、
アダルトが、やっぱり一番検索されるそうです(笑。

ちなみに、
紹介WEBの方では、

「ローカル情報(地図とかお店とか?)の検索ニーズこそが、
モバイルでは一番多いはずだ」

と記事に対して反論している。

まあ、
確かに私自身の、数少ない携帯での検索は、
おそらく99%以上が「地域情報検索」である。

たとえば、「渋谷 ブックファースト 地図」
という感じ。

いずれにしても、
検索ニーズがまだまだPCに比べたら、
めちゃくちゃ小さいので、
まともな分析が難しい、というところなんだろう。

滝井秀典メルマガに登録

PPC広告成功の極意やセミナー優待情報。セミナーはメルマガの告知で毎回すぐ埋まってしまいますんでぜひご登録を。

アドレスを入力して、登録する方はこちら

空メールを送信して登録もできます。


プロフィール

  • 滝井秀典
  • キーワードマーケティング研究所 代表取締役。検索キーワード広告(PPC、リスティング広告)の研究、実践、教育をしています。会社の方では運用代行など。
  • キーワードマーケティング研究所

著書・推薦本

公式ブログ

検索広告のテクニカルなノウハウなどはこちらから↓
公式キーワードマーケティング研究所ブログ

twitter

アーカイブ