グーグルのペイドクリック数減少は全体構想の一環、だそうです。

投稿日:2008年3月12日


グーグルのペイドクリック数減少は全体構想の一環

>リスティングの減少は「クリックごとに発生する売り上げの増加によって相殺された」とComScoreは指摘している。

「クリック数は減ったが、その分売上げは増加した」

ということは、
広告主からすると、

「クリック数が減り、クリック単価が上昇した」

というネガティブな風にも取れるが、
本当かな?

品質スコアの重み付けを軽くすれば、
こういう事態はあり得るかもしれない・・・が、
深読みしすぎか。

滝井秀典メルマガに登録

PPC広告成功の極意やセミナー優待情報。セミナーはメルマガの告知で毎回すぐ埋まってしまいますんでぜひご登録を。

アドレスを入力して、登録する方はこちら

空メールを送信して登録もできます。


プロフィール

  • 滝井秀典
  • キーワードマーケティング研究所 代表取締役。検索キーワード広告(PPC、リスティング広告)の研究、実践、教育をしています。会社の方では運用代行など。
  • キーワードマーケティング研究所

著書・推薦本

公式ブログ

検索広告のテクニカルなノウハウなどはこちらから↓
公式キーワードマーケティング研究所ブログ

twitter

アーカイブ