いっそ小さく死ねばいい

投稿日:2008年8月21日

森山直太郎さんの歌の歌詞が、
批判されているらしい。

>生きてることが辛いなら
>いっそ小さく死ねばいい

ここだけ抜き出せば確かに過激だが、

>気が付きゃみんな年取って
>同じとこに行くのだから

となれば、
「おまえの悩みなんてちっぽけだよ」
というメッセージであるこは、
誰でもわかりそうなものだと思うが・・・。

私は、この歌詞を見て、
元気をもらいました。

>生きてることが辛いなら
>くたばる喜びとっておけ

なかなか深いじゃないですか。

みなさんはどう思うでしょうか。

「生きてることが辛いなら」 詩:御徒町凧 曲:森山直太郎

生きてることが辛いなら
いっそ小さく死ねばいい
恋人と親は悲しむが
三日と経てば元通り
気が付きゃみんな年取って
同じとこに行くのだから

生きてることが辛いなら
わめき散らして泣けばいい
その内夜は明けちゃって
疲れて眠りに就くだろう
夜に泣くのは赤ん坊
だけって決まりはないんだし

生きてることが辛いなら
悲しみをとくと見るがいい
悲しみはいつか一片(ひとひら)の
お花みたいに咲くという
そっと伸ばした両の手で
摘み取るんじゃなく守るといい

何にもないとこから
何にもないとこへと
何にもなかったかのように
巡る命だから

生きてることが辛いなら
嫌になるまで生きるがいい
歴史は小さなブランコで
宇宙は小さな水飲み場
生きてることが辛いなら
くたばる喜びとっておけ

生きてることが辛いなら

滝井秀典メルマガに登録

PPC広告成功の極意やセミナー優待情報。セミナーはメルマガの告知で毎回すぐ埋まってしまいますんでぜひご登録を。

アドレスを入力して、登録する方はこちら

空メールを送信して登録もできます。


プロフィール

  • 滝井秀典
  • キーワードマーケティング 代表取締役。検索キーワード広告(PPC、リスティング広告)の研究、実践、教育をしています。会社の方では運用代行など。
  • 株式会社キーワードマーケティング

著書・推薦本

公式ブログ

検索広告のテクニカルなノウハウなどはこちらから↓
公式キーワードマーケティングブログ

twitter

アーカイブ