スピードでブランディングを。

投稿日:2008年12月3日

検索エンジンで、
もっともROIを高くお客さんを集める方法があります。

それは、
お客さんに「固有名詞」で検索してもらうことです。

検索エンジンで検索される言語の、
70%以上が「固有名詞」です。

人名、
会社名、
サイト名、
商品名、

などですね。

なぜ固有名詞がROIがいいかというと、
普通名詞と違って、
単純に競争がないので、
クリック率もコンバージョン率も高いのです。
だいたい、
クリック率で5倍、コンバージョン率で3倍
くらいの差がつきます。

つまり、15倍、固有名詞は有利だということです。

私は、

「ブランドとは、固有名詞で検索されることである」

と考えています。

「コーヒーを飲みたい」ではなく、「スタバに行きたい」
「車が欲しい」ではなく、「BMWが欲しい」
「フリースが欲しい」ではなく、「ユニクロ行こう」

という感じですね。

その中でも、「人名」は一番検索されやすい言語の
ひとつです。

現在は、情報化社会でかつ、個人の価値観が多様化
していますので、

「人のフィルター」「目利き役」

の需要は高まるばかり。

個人ブランドをつくるには最適な時代で、
それをつくるのは、あまり難しくありません。

実際、私も出版で個人ブランドをつくり、
固有名詞経由での売上げは全体の30%以上にものぼります。

鳥居 祐一さんの新刊、

「スピードブランディング」

は、そんな「個人ブランドの作り方」を詳しく書いた本です。

パーソナルブランドをつくり、
価格競争に巻き込まれないビジネスをしたい方には、
とくにおすすめします!


本日限りの無料特典がもらえる、
キャンペーンもあるようです。

[ブランド] 1 – 3 \112
60,500

[ブランド財布] 1 – 3 \70
18,100

滝井秀典メルマガに登録

PPC広告成功の極意やセミナー優待情報。セミナーはメルマガの告知で毎回すぐ埋まってしまいますんでぜひご登録を。

アドレスを入力して、登録する方はこちら

空メールを送信して登録もできます。


プロフィール

  • 滝井秀典
  • キーワードマーケティング研究所 代表取締役。検索キーワード広告(PPC、リスティング広告)の研究、実践、教育をしています。会社の方では運用代行など。
  • キーワードマーケティング研究所

著書・推薦本

公式ブログ

検索広告のテクニカルなノウハウなどはこちらから↓
公式キーワードマーケティング研究所ブログ

twitter

アーカイブ