無駄クリックを削減する!Googleアドワーズの絞り込み部分一致の設定方法動画

投稿日:2010年8月2日

Googleアドワーズの絞り込み部分一致の設定方法動画を、
アップしました。

現在の「部分一致」は、「拡張一致」とでも言うべきもので、
しっかり管理をしないと、
予想外にコストが拡大していき、
CPA(顧客獲得単価)が悪化します。

キーワードの発掘を自動的にしてくれる、
という非常に素晴らしい面があるのですが、

まったく顧客層が違っているキーワードにも、
現状では出ることがあり、
無駄クリックを生むこともあるので、

検索数5万件以上のキーワード、
もしくは1万件以上で、クリック単価が100円を超えるような場合、
絞り込み部分一致は使った方がよいと思います。

現在の部分一致で、
実際にあった「こりゃコンバージョンしないよね」
というキーワードに広告が出ていた悪い実例:

「フローリング床」→「受精 着床」
「模擬店」→「セブンイレブン茂木店」

一方で、
検索数が月間数千、数百しかないけど、
確実にコンバージョンが取れる、
CPAが良すぎるキーワードは、
部分一致のままで出した方がよいと思います。

自動的に、
コンバージョンを生むキーワードを、
引っ張ってきてくれる可能性がありますので。

現在の拡張一致とでも呼ぶべき「部分一致」は、
かならずしも「悪」ではありません。
素晴らしい点もあります。

要は、使いようです。

Googleアドワーズの絞り込み部分一致の設定方法動画
(Facebook ※ログインしなくても見れます)

あと、
この設定は、
アドワーズエディタ、管理画面ではかなり面倒なので、
CSVで一括変換できるような、
エクセルマクロをつくってます。

無料配布する予定ですので、後日このブログでお知らせします。

個別のアカウントに関して、
どのキーワードを部分一致にして、
どのキーワードを絞り込み部分一致にするか、
といったアドバイスが必要な場合は、
こちらの会員制度のゴールド会員にお申し込みください。

キーワードマーケティング研究会

滝井秀典メルマガに登録

PPC広告成功の極意やセミナー優待情報。セミナーはメルマガの告知で毎回すぐ埋まってしまいますんでぜひご登録を。

アドレスを入力して、登録する方はこちら

空メールを送信して登録もできます。


プロフィール

  • 滝井秀典
  • キーワードマーケティング研究所 代表取締役。検索キーワード広告(PPC、リスティング広告)の研究、実践、教育をしています。会社の方では運用代行など。
  • キーワードマーケティング研究所

著書・推薦本

公式ブログ

検索広告のテクニカルなノウハウなどはこちらから↓
公式キーワードマーケティング研究所ブログ

twitter

アーカイブ