検索キーワード広告に関わる人にぜひ読んでもらいたい一冊の本

投稿日:2012年5月3日

ゴールデンウィークも後半に入りましたね。
今日も午後から雨模様でした。
明日も1日中、天気は悪いようです。

晴耕雨読、という言葉のごとく、
外が雨の日には、落ち着いて読書をして知的好奇心を満たすのが、
精神衛生上にもよいそうです。

特に休日は、
「仕事からは大きくはずれないけど、
あまりビジネス然としてない面白い本」
を読むのがいいですよね。

もしもあなたが、
GoogleアドワーズとかYahoo!リスティング広告に携わる仕事をしているなら、
ぜひ読んでみてもらいたい本があります。

「ぼくには数字が風景に見える」
ダニエル・タメット

著者は、
円周率を22,500桁まで暗唱して世界記録を打ち立て、
10ヶ国を話す、すごい頭脳の持ち主。
サヴァン症候群といわれる、計算や記憶に突出した能力を持っている方。

小学生のころにすでに、
95の二乗程度であればすぐに答えが暗算でき、
82の四乗の暗算も、10秒ほどで答えが出たそうです。

さて、そんなすごい暗算をどのようにしているかというと、
彼にとっての数字には、
「形」や「色」、「質感」、「動き」などが伴っているものなんだそうです。
その驚くべき世界が、この本の冒頭に記されていますので、
その一端を紹介します。

「数字はぼくの友達で、いつでもそばにある。
ひとつひとつの数字はかけがいえのないもので、
それぞれに独自の『個性』がある。
11は人なつこく、
5は騒々しい。
4は内気で物静かだ。
堂々とした数字(23,667,1179)もあれば、
こぢんまりした数字(6,13,581)もある。
333のようにきれいな数字もあるし、
289のように見栄えのよくない数字もある。
ぼくにとって、どの数字も特別なものだ」

このように、
数字を見ると色や形や感情が浮かんでくる体験を、
「共感覚」
といって、
天才的な暗記や計算をする人たちがたいてい持っているものなんだそうですが、
非常に面白いですよね。

「333」がきれいな数字、
というのはまだしも、

11が人なつっこい、
なんてのはまったく普通の人には理解できないことでしょう。

キーワード広告の仕事とは、
様々な「数字」と四六時中つきあうことでもあります。

インプレッション数、
クリック率、
コンバージョン率、
完全一致率、
間接比率・・・

などなど、
いつも数字の羅列と格闘しながら、

最終的には広告費というお金の数字に対して、
売上・利益の数字とのバランスを取っていくことでもあります。

一見すると、
この数字だらけの世界は、
無味乾燥で無機質に見えますが、

著者のように、
数字を「かけがえのない友達」と思ったり、
様々な情景や風景が現れて、
感情を楽しめるようになったのならば、
もっと仕事もしやすくなるのかもしれません。

本の中のハイライトをひとつ紹介すると、

「部屋の中に27人の人がいます。
全員が、ひとりひとりと握手するとしたら、
握手は全部で何回おこなわれますか」

という数学パズルの問題に対して、
著者の問題の解き方のアプローチが、
「三角数」
という図形を模した計算方式を使うくだりがありますが、

彼はこの問題を呼んだときに、
目を閉じて思い浮かべたのが、

「大きな泡のなかにいるふたりの人間のこと」

だったそうです。

この問題の答えは、(26+1)×26/2=27×13=351回、
なわけですが、
こういった数字の計算を、
「泡の中にいる人」とか、「三角の図形」にあてはめていく、
というのは、
なんともユニークで、
かつドラマチックな感じがしますよね。
(なんとこれも小学生のころの話!)

幼少期からのくだりは若干退屈ですが、
なかなか一般的には理解されないアスペルガー症候群の著者を、
我慢強く育てた両親の愛情には、
とても心を打たれます。

本の後半では、
大人になったダニエルが、
円周率の暗唱世界記録に挑むイベントに向かうくだりがあるのですが、
時間を忘れるほどエキサイティングなストーリーです。

彼にとって、小数点以下20桁、100桁など、
それぞれが違った「風景」が見えるんだそうです。

ファインマン・ポイントと呼ばれる、
小数点以下762桁から767桁までの部分は、
9が連続して6回並ぶのですが、
その風景のことを、

「紺色の光の分厚い縁取りが見える」

と語っています。
なんとも情緒的ですね。

私たちにはダニエルのような真似はできないでしょうけれども、
その天才の脳の仕組みを、
ほんのちょっとでものぞいて、
参考にすることができたら、

数字だらけで気が滅入ってしまうような時にも、
楽しく仕事ができるようになるのかもしれません。

遊び気分で、
ぜひ読んでみてください。

ちなみに、この下記の図は、
著者のダニエルが、

53×131=6943

という計算をするときのイメージです。

ダニエルタメットのサイトはこちら。

滝井秀典メルマガに登録

PPC広告成功の極意やセミナー優待情報。セミナーはメルマガの告知で毎回すぐ埋まってしまいますんでぜひご登録を。

アドレスを入力して、登録する方はこちら

空メールを送信して登録もできます。


プロフィール

  • 滝井秀典
  • キーワードマーケティング 代表取締役。検索キーワード広告(PPC、リスティング広告)の研究、実践、教育をしています。会社の方では運用代行など。
  • 株式会社キーワードマーケティング

著書・推薦本

公式ブログ

検索広告のテクニカルなノウハウなどはこちらから↓
公式キーワードマーケティングブログ

twitter

アーカイブ