ちょっぴりコラム「検索されなきゃ死ぬだけ」

投稿日:2005年4月13日

今日はちょっぴりコラムを。

朝、電車乗ったらこんな中吊り発見。
「楽天、サラリーマン金太郎配信開始!」
という見出し。
かなりインパクトあったので見た人も多いはず。

P505i0008847537.jpg

ところで、この広告のポイントは「お客に行動してもらうための連絡方法」だ。

これがフツーの企業なら「電話番号」になるわけだが、楽天はネットビジネスなんで通常は「URLアドレス」を入れるんだけどさ。
最近は、

「楽天」と検索してください!

となっているわけである。

あたり前だが、電車の中吊り広告を見て、URLアドレスを覚えて自宅のパソコンに「http://www.・・・・」と一生懸命入力するような面倒なことをするやつはいない。

だったら、「このキーワードを検索してくれ、すぐ出てくるから」といったほうが、「お客の反応」を遥かに得られる。
「お客が行動しやすい連絡方法を明示」しない限り、ぜったいに広告からキャッシュは生まれない。

この考えをネット起業家のわれわれがどう応用するかといえばね。

例えば名詞。
あなたのホームページを紹介するのに、馬鹿正直にURLなんて入れなくていいのよ。誰もそんなもの使わないんだから。
「ヤフーで○○と検索してくれ」「Googleで○○と検索してね!一番上に出るから」
と書いたほうがよほど親切、アクセスもしてくれる、というもの。

私の場合だったら、
「Googleで”キーワードマーケティング”と検索してね」
といえばよい。
このブログが一番上に表示されるからだ。

一応言っておくと、私はSEO対策なんてかけらもやってない。
「キーワードマーケティング」という言葉を、意識して使っているだけである。

なにが大事かといえば、「競合が弱い勝負キーワードで市場参入している」、ということの方が遥かに大事なんである。

まあ、なにが言いたいかというとさ。
今のインターネットユーザーは、もはやみんな検索に慣れている、つまり「検索して自分で情報を探すこと」が日常化している。
2000年以前とは、まったく状況が違うんだよ。

だからね、あなたのホームページは、「人が検索する結果に表示」されなければ、誰も見てくれない、ということである。

この傾向は、ほぼ未来永劫変わらない。
というか、勢いを増すよ。
今、この瞬間にもインターネット上のホームページは死ぬほど増えているんだからね~。

さて、あなたのネットビジネス、あなたのホームページは、
「Googleで○○と検索してくれ」
とお客にいえるキーワードを、持っていますか?

4181 サラリーマン 金太郎

滝井秀典メルマガに登録

PPC広告成功の極意やセミナー優待情報。セミナーはメルマガの告知で毎回すぐ埋まってしまいますんでぜひご登録を。

アドレスを入力して、登録する方はこちら

空メールを送信して登録もできます。


プロフィール

  • 滝井秀典
  • キーワードマーケティング研究所 代表取締役。検索キーワード広告(PPC、リスティング広告)の研究、実践、教育をしています。会社の方では運用代行など。
  • キーワードマーケティング研究所

著書・推薦本

公式ブログ

検索広告のテクニカルなノウハウなどはこちらから↓
公式キーワードマーケティング研究所ブログ

twitter

アーカイブ