後半見てられなかったサッカー日本代表

投稿日:2009年6月7日

ひさ~~~~しぶりに、
サッカーの試合を見た。
日本代表戦ね。

前回のワールドカップ以来、
一度も見てなかったかも。

中田が日本代表からいなくなり、
中村俊介もイタリアから、
スコットランドというレベルの低いリーグに行ってしまったので、
まったくサッカーは見なくなっていたのです。

私にとって、
中田がサッカー界からいなくなったことは、
それなりに心に悲しみの衝撃があったのかもしれない。
いまさらながら。

昨日のウズベキスタン戦だが、
なんというか、
残念ながら、あんまり昔とかわっていないなあ、
という印象だった。

実力はあるのに、
先に点をとるとズルズルと下がり、
みすみす相手にボールを渡してしまう。
カウンターの脅威を与えられなくなるから、
防戦一方になる。

いつ同点に追いつかれてもおかしくなかった試合だった。
というか負けてもおかしくなかったのでは。
後半残り15分になったころにはもう、
見てられずにテレビ消してしまいましたよ。

でも、
結果的には前半9分にあげた1点を、
守りきったのだから、
成長しているということなんでしょうかね。
不満だらけだけど。

「アジアのワールドカップ予選はゆるすぎる」

と、
ヨーロッパや中南米から批判されるそうである。
毎回。

たしかにずいぶんと楽だな、
と思わざるを得ない。

南米などは、現在、
なんとアルゼンチンが予選通過あやうい、
というハイレベルな戦いが繰り広げられている。

南米予選現在の途中経過

ヨーロッパも、
予選2位となっても全体の半分しかワールドカップに行けない、
という厳しい予選である。

ヨーロッパ予選の組み合わせ

ポルトガル、スウェーデン、デンマークが同一組のグループ1、
スペイン、トルコ、ベルギーが同一組のグループ5、
クロアチア、イングランド、ウクライナが同一組のグループ6,
このへんなんかは、超激戦。

確実にこの中から3国が、
場合によっては6国が予選落ちするわけだが、
もしもアジア最終予選にこれらの国のどれかが入ったとしたら、
どの国でも1位通過するような気がする。

アジア枠を減少させられないように、
ワールドカップでは、
予選通過ではなく、
ベスト4以上を目標としてもらいたいものだ。

世界で一番最初に出場を決めた「強いチーム」として、
堂々と戦って欲しいと思う。

サッカー日本代表 の検索数推移

滝井秀典メルマガに登録

PPC広告成功の極意やセミナー優待情報。セミナーはメルマガの告知で毎回すぐ埋まってしまいますんでぜひご登録を。

アドレスを入力して、登録する方はこちら

空メールを送信して登録もできます。


プロフィール

  • 滝井秀典
  • キーワードマーケティング 代表取締役。検索キーワード広告(PPC、リスティング広告)の研究、実践、教育をしています。会社の方では運用代行など。
  • 株式会社キーワードマーケティング

著書・推薦本

公式ブログ

検索広告のテクニカルなノウハウなどはこちらから↓
公式キーワードマーケティングブログ

twitter

アーカイブ