「負けて当たり前」から「一歩も引かない」へ。

投稿日:2010年6月30日

昨晩のワールドカップサッカー、
日本×パラグアイは、
惜しいゲームだった。

勝つチャンスは十分にあった。
それだけに悔しさが倍増だ。

しかも、
決勝リーグにおいて、
ブラジル、イタリア、オランダ、ドイツ、アルゼンチン、
といった「名前だけで」圧倒されるような対戦相手ではなく、

「もしかしたら勝てるかも」
と思えるような相手にあたることが、
今後ワールドカップでそうそう起こることとも思えない。

50年に一度くらいの大チャンスだったのでは、
と思うと、
失ったものの大きさに肩を落とさざるを得ない。

(ウルグアイのベスト8進出は、
40年ぶりだった)

ただ、
同時に、

「日本ってこれくらいだよね」

とも思う自分がいる。

多くの人も、
そう思ったのではないか。

ワールドカップに熱狂した人たちのほとんどは、
Jリーグの試合を毎週見るわけでもなく、
サッカーを盛り上げるための貢献に、
いつも参加しているわけでもない。

日本のリーグでは、
ブラジルやコロンビアのように、
サッカーの勝ち負けで死人が出るようなこともない。

パラグアイは、
2008年~2009年の南米予選において、

ホームで、
ブラジルを2-0で、
アルゼンチンを1-0で破っている。

アウェーのアルゼンチン戦でも、
1-1の引き分けに持ち込んでいる。

「世界一楽なワールドカップ予選」
と揶揄されているアジア枠の日本が、

アルゼンチンと、
ブラジルに完封勝利を収めた上で、
ワールドカップに出場しているパラグアイに、

やはり、
勝ってはいけないような気がするのである。

しかし、今大会の日本代表は、
本当に、
すばらしかった。

ワールドカップにおいて、

「負けて当たり前の国」

から、

「勝てないまでも、強豪国相手にも一歩も引かない国」

には昇格した、
と言えるのではないか。

金子達仁さんは、

「自分が死ぬまでにW杯で優勝する日本が見たいし、それは可能なことだとも思っている」

と90年代から言っていた。

サッカーほど、
フェアで誰にでもチャンスがあるスポーツは、ない。

持って生まれた身体能力が問われるのならば、
アメリカやアフリカが常に強豪であるはずだ。

しかし、
そうはならない。

ワールドカップ史上、
もっとも記憶に残るシーンを演出して、
伝説となっている、

ディエゴマラドーナの身長は、
わずか166cmだった。

寒い国や暑い国によるハンデもない。
国の経済力もあまり関係がない。

しいていえば、
人口の多い国が若干有利か、
という程度のものだ。

日本が、
バスケットボールでアメリカを破ったり、
ラグビーのワールドカップで優勝する、
というのは、
残念ながら途方もない夢でしかない。

しかし、
サッカーは違うのである。

私も金子さんの意見に賛成である。

大事なのは、
目標を定めて、
あきらめずに、

着実に実力をつけていくことだろう。

ベスト4や決勝進出も、
決して夢ではない。

多くの人も、
そう思ったのではないか。

私たちが本気でそう望むのならば、
私たちは、

Jリーグの試合に足を運び、
日本のサッカーに少しでもいいから、
貢献をすべきだろう。

何の投資もせずに、
リターンを求めるのはフェアではない。

子どもたちが、
「Jリーグでプレーすることは、
 生涯をかけて、命をかけてやるべきものだ」
と確信をもてる、
環境をつくるべきだろう。

その一歩一歩が、
未来での、
ワールドカップでの勝利の興奮に近づくはずだ。

滝井秀典メルマガに登録

PPC広告成功の極意やセミナー優待情報。セミナーはメルマガの告知で毎回すぐ埋まってしまいますんでぜひご登録を。

アドレスを入力して、登録する方はこちら

空メールを送信して登録もできます。


プロフィール

  • 滝井秀典
  • キーワードマーケティング 代表取締役。検索キーワード広告(PPC、リスティング広告)の研究、実践、教育をしています。会社の方では運用代行など。
  • 株式会社キーワードマーケティング

著書・推薦本

公式ブログ

検索広告のテクニカルなノウハウなどはこちらから↓
公式キーワードマーケティングブログ

twitter

アーカイブ