Yahoo!リスティング広告に「フレーズ一致」と「絞り込み部分一致」が追加

投稿日:2011年5月18日

本日、
Yahoo!リスティング広告の、2011年秋以降に予定されている、
新バージョン(Googleアドワーズのシステムを一部導入)の内容として、
「移行ポータル」にて公開情報がアップデートされている。

注目としては、
Yahoo!リスティング広告に「フレーズ一致」と「絞り込み部分一致」が追加される、
という点。

キーワードのマッチタイプは、
要するに、
現在のGoogleアドワーズと同じ仕様になるということらしい。

60201aaf56037635b01c65ad7d639c4d1

※画像はYahoo!リスティング広告の移行ポータルからお借りしました。

Googleアドワーズとまったく同じように、
Yahoo!リスティング広告がキーワードマッチすることはないとは思うが、
(辞書が違うため)

少なくとも、
Googleアドワーズ向けにつくったアカウントデータを、
Yahoo!リスティング広告にそのままインポートすることの大きな障害のひとつは、
取り除かれたといえる。

また、
これによって、
Yahoo!リスティング広告とGoogleアドワーズの「除外設定」の定義の違い、
という大変悩ましい問題が解消されることは期待される。
(この話は現在移行ポータルには書かれていないのでわからないが)

参考記事:
Yahoo!リスティング広告、対象外キーワード完全版 | SEM-LABO

あとは大きな変更ポイントとして、

「キャンペーンレベルで、デバイスを選択できる」

ようになる点。

これもよいバージョンアップだと思う。

「同一アカウント内でモバイルとPCの管理が可能になり、
キャンペーン単位でターゲティング機能の設定が可能になります。
また、スマートフォンやタブレット端末へのターゲティングを提供する予定です」

という記載があった。

これもGoogleアドワーズの仕様になるようである。

まったく同じになるかは不明だけど。
下記はGoogleアドワーズの現在のキャンペーンレベルのデバイス選択画面↓。

GW-00222

いずれも、
広告を運用する広告主、広告代理店、
ひいては検索ユーザーにとっても、
よいバージョンアップではあると思う。

ただし、
非常に残念ではあるが、
CSVベースでの、データベース構造は、
今のところ、移行ポータルを見る限り、
GoogleアドワーズとYahoo!リスティング広告は同じようにはならないようだ。

キャンペーン数や広告グループ数、
広告文の文字数、
などの大きな違いがあることは、
大きな課題だと思う。

特に、
広告グループ数をYahoo!リスティング広告の、
少ない方のシステム制限に合わせなければならない制約は、
効率がよいとは決していえない。

(Yahoo!リスティング広告の上限は交渉可能だが)


Googleアドワーズ=
キャンペーン数の上限25個
1キャンペーン内の広告グループ数の上限2,000個

ヤフーリスティング=
キャンペーン数の上限20個
1キャンペーン内の広告グループ数の上限1,000個

こういったことが、
あまり話題にならないことは、
私はとても不思議に思うのだけれども、

面倒な設定や、
わかりにくさが、
ビジネスチャンスになっていることも確かなので、
声があがらない構造になっているのかもしれないですね。

滝井秀典メルマガに登録

PPC広告成功の極意やセミナー優待情報。セミナーはメルマガの告知で毎回すぐ埋まってしまいますんでぜひご登録を。

アドレスを入力して、登録する方はこちら

空メールを送信して登録もできます。


プロフィール

  • 滝井秀典
  • キーワードマーケティング 代表取締役。検索キーワード広告(PPC、リスティング広告)の研究、実践、教育をしています。会社の方では運用代行など。
  • 株式会社キーワードマーケティング

著書・推薦本

公式ブログ

検索広告のテクニカルなノウハウなどはこちらから↓
公式キーワードマーケティングブログ

twitter

アーカイブ