エンハンストキャンペーンが全部わかる関連リンクまとめ-Google AdWords

投稿日:2013年3月7日



Googleが先日発表したアドワーズの新機能「エンハンストキャンペーン」。
今年の6月末(※7月22日に変更予定)までには、すべてのアカウントがアップグレードされます。
これまでも様々な「機能追加」はたくさんありましたが、アドワーズの12年の歴史の中で、ここまで大きな「仕様変更」が加わるのは史上最大といえるでしょう。
ただし、その変更内容については、Googleの公式発表も断片情報がかなり多く、とてもわかりにくいものになってしまっています。ということで、はじめてエンハンストキャンペーンの理解にとりかかる人にもわかりやすいようにリンク集をつくりました。
中盤にはお役立ち情報および意見や考察、後半には、導入の背景資料(英語)などのリンクも追加しました。
(随時更新します)


●エンハンストキャンペーン追加・更新情報
エンハンストキャンペーン正式発表後、「追加」もしくは「変更」があった点です。

※4/9更新
Ad group mobile bid adjustments available soon in enhanced campaigns – Inside AdWords
・・・追加:広告グループでのモバイル(スマフォ)の入札価格比調整ができるようになる、という発表がありました。正式発表後の機能追加になります。これまでモバイルの入札価格調整はキャンペーンのみでしかできない仕様でしたが、この前提条件は大きく変化しました。事実上、デバイス別の、個別キーワードごとの入札が可能となりました。
変更:また、自動アップグレードされてしまう予定日が、6月末から、7月22日に変更になりました。
日本語での解説はこちら(エンハンストキャンペーンで広告グループ単位でのスマフォ入札調整が可能に)。

※4/14更新
ユニファイドキャンペーンについて | ヘルプ | Yahoo!プロモーション広告
・・・追加:ヤフープロモーション広告(スポンサードサーチ)での、エンハンストキャンペーン機能の正式名称が決まりました。
※2013年5月15日以降、新規で作成するキャンペーンは全てユニファイドキャンペーンになり、従来のキャンペーンでの新規入稿はできなくなるので要注意です。

※11/29更新
クロスデバイス・コンバージョンの計測指標が管理画面に実装されました。
「クロスデバイス・コンバージョン」とは何か。スマホ検索広告のコンバージョン率が悪いのはなぜ?に対するひとつの解決策
これにて、当初発表されたエンハンストキャンペーンの一連の追加アップグレードはとりあえず終了となります。

●Google公式資料:「エンハンストキャンペーン概要」PDF・「50のQ&A」PDF・移行ガイドPDF(日本語)

エンハンストキャンペーンの概要(PDF)(マルチスクリーン化を捉えたAdWordsの機能強化)
・・・68ページのボリュームのある資料ですが、図版も多くわかりやすいです。エンハンストキャンペーンをまずざっくり知りたい人は、こちらから読むことをおすすめします。

エンハンストキャンペーンについてのQ&A(PDF)
・・・3ページの資料。50個のQ&Aがあります。
「モバイル(スマフォ)のみのキャンペーンは作成可能か?」
「ディスプレイネットワークの場合どうなるのか?」
といった疑問に、Googleが公式に回答しています(2013年2月15日の日本でのGoogleによる説明会の資料。※Googleさんから配布許可いただいてます)。

エンハンストキャンペーンの全貌をつかみ、すべての変更点を理解し、メリット・デメリットを把握するのは、上級者でもかなり難しいです。
少ない時間でサイトやブログをななめ読みしてもまず理解できません。
「エンハンストキャンペーンって何?今後どうなっちゃうの?」
ということをまずきちんと理解したい人は、
上記の2つのGoogle公式PDF(日本語)を、紙に印刷してじっくり読むことをおすすめします。全体像を理解するまでの所要時間は早い人でも30分以上は確実にかかります。

※3/27更新
エンハンスト キャンペーン 移行ガイドPDF(日本語)
・・・移行ガイドの日本語バージョンがいつの間にか出ていました。現在スマフォとPCでキャンペーンを分けている場合などの、ケースバイケースでの移行例などが後半に掲載されています。28ページ。必見。

※3/17更新
●Google公式Learn with Googleの資料(PDF)

日本でのLearn with Google(オンラインセミナー)でのPDF資料です。Googleの日本のスタッフの皆様がとてもよい資料をつくってくれています。英語版よりも内容がリッチ、ヘルプより断然理解しやすいので必読。エンハンストキャンペーンを最もわかりやすく説明している秀逸な資料だと思います。

・第一回 マルチスクリーン化を捉えた AdWords の機能強化 エンハンスト キャンペーンのご紹介(PDF)
・・・3月7日開催分。前述の60ページの資料と題名も似ていますが別ものです。管理画面の図が日本語バージョンになっていたり、コンテキストを意識した広告文の具体例などが出ていて勉強になります。クロスデバイス、マルチスクリーン、コンテキストなどの意味が深掘りできるでしょう。おすすめ。

・第二回 エンハンスト キャンペーン 新しい機能の詳細説明と操作方法(PDF)
・・・3月14日開催分。エンハンストキャンペーンの作り方、入札調整比率の掛け合わせベストプラクティス、、モバイル優先広告の一括編集方法、モバイルの場合のサイトリンク非表示の方法、サイトリンク変更点まとめなどが、図解で説明されていてとてもわかりやすいです。品質スコアにに対する影響の公式コメントもあり。おすすめ。ちなみに、入札調整比率の掛け合わせの最大上限金額は10倍までだそうです。

●Googleによる公式Learn with Google ウェビナー(オンラインセミナー)(日本語)

Learn with Google webinars – Google Ads
・・・エンハンストキャンペーンの無料オンラインセミナー(Learn with Google ウェビナー)を定期的にやっています。メルアド登録すれば誰でも無料視聴可。過去のセミナーも登録すればすぐに音声解説を聞けてとレジュメを見ることができます。

Learn with Google JP
・・・上記WEBセミナーのGoogleカレンダースケジュール。自分のGoogleカレンダーに取り込みたい人は、下記サイトの「右下」のGoogleカレンダー+ボタンを押すと、インストールできます。

●Google公式ヘルプ(日本語)によるエンハンストキャンペーンの説明(抜粋)

エンハンスト キャンペーンについて – AdWords ヘルプ
・・・こちらのヘルプは、「概要をざくっと理解しよう」という目的で見ると確実に混乱します。下記詳細項目を個別に見ていった方が、むしろわかりやすいと思います。

エンハンストキャンペーンの入札単価調整の設定 – AdWords ヘルプ
・・・「携帯端末の入札単価調整では -100% の値か、-90%~+300% の範囲を指定」「[デバイス]、[地域]、[広告のスケジュール設定] の設定例」といった詳細情報が記載されています。

新しいテキスト広告を作成する – AdWords ヘルプ
・・・エンハンストキャンペーンでの広告作成の注意点がページ中盤以降に詳しく記載されています。「広告グループにモバイル向けテキスト広告しかない場合、
デスクトップやノートパソコン、タブレットにもモバイル向けテキスト広告が表示されることがあります」というところは大きなポイント。

アップグレード版の広告設定オプション(エンハンスト キャンペーン) – AdWords ヘルプ
・・・広告グループでサイトリンクを設定できるようになったのでその説明と、既存設定のアップグレード方法など。

広告テキストの下にウェブサイト内へのリンクを表示する(サイトリンク) – AdWords ヘルプ
・・・エンハンストキャンペーンでのサイトリンク設定の注意点が追記されてます。「アップグレードされたサイトリンク設定オプションで使用できる全角文字数は 12 文字」。ちなみに、サイトリンクには「モバイル(優先)」のチェックを入れることができます。

キャンペーン設定を編集する – AdWords ヘルプ
・・・「 エンハンスト キャンペーンでは、すべてのデバイスがデフォルトで掲載対象に設定されます」といった重要な「初期設定」の定義が記載されています。

エンハンストキャンペーンでClick-to-Download 広告を作成する – AdWords ヘルプ
・・・エンハンストキャンペーンにアップグレードすると使えるようになるアプリリンク広告の設定方法です。これはわかりやすく書かれていて、実際の設定も簡単です。

キーワード単位の URL をデバイスごとに変える方法についてInside AdWords-Japan
・・・エンハンストキャンペーンでは、デバイスごとにキーワードを登録することが前提としてできない仕様なので、キーワードごとのURLを設定することがしにくくなります。その解決法が記載されています。

●Googleによるエンハンストキャンペーンの公式動画(日本語)

動画 : エンハンスト キャンペーンへの切り替え(アップグレード) – YouTube
[動画] エンハンスト キャンペーン : 2 つのキャンペーンを 1 つにまとめる – YouTube
・・・すべきことが動画で説明されているだけなので、特別目新しい情報があるわけではない。ある程度経験のある人は、文章の説明を見てから、自分でテストキャンペーンをつくっていじった方が理解は早いとは思います。「習うより慣れろ」

●Googleプロダクトフォーラムのエンハンストキャンペーンに関するQ&A(日本語)

【エンハンスト キャンペーン】よくある質問 2 : 一度アップグレードしたキャンペーンは元に戻せますか? – Google Groups
・・・一度アップグレードすると元に戻せなくなりますので、まあ注意は必要です。スマートフォンのみのキャンペーン運用をどうしてもしたい人は、6月中旬までは既存のものを動かせますので、その後はデバイス一括でキャンペーンを動かすか、多少問題あっても無理矢理スマートフォンのみのキャンペーンを動かすか、を判断する必要があります。

【エンハンスト キャンペーン】よくある質問 3 : 従来型の携帯への広告掲載への影響はありますか? – Google Groups
・・・従来型の携帯(ガラケーへの広告)は従来型モバイル専用の広告、をつくればそのまま出る。スマフォはそもそもスマフォ専用の広告、というものは作れない(チェックによって優先的になるだけ)ので注意が必要。また、「モバイル」にチェックをしてもガラケーへ広告は出ない。
大変ややこしいです。

●Googleによるエンハンストキャンペーンの紹介サイトや公式ブログ(日本語)

エンハンストキャンペーンの紹介サイト(概要)(日本語)
エンハンストキャンペーンの紹介サイト(機能の詳細)(日本語)
エンハンストキャンペーン紹介サイト(リソースへのリンク)(日本語)
・・・上記のサイトは、エンハンストキャンペーンの概要を説明する日本語サイトですが、詳細をクリックするとヘルプに飛んでしまったり、リソース先も英語サイトだったり、と、あまり使い勝手のよいサイトではありません。むしろこのサイトで「簡単にエンハンストキャンペーンをざくっと理解しよう」としても、かえって混乱します。
初心者であっても、Googleアドワーズのことをよく知らなくても、最初に紹介した2つのPDF(エンハンストキャンペーンの概要(PDF) エンハンストキャンペーンについてのQ&A(PDF))を時間をかけてじっくり読んだ方が結局近道となります。

Inside AdWords-Japan: マルチスクリーン化を捉えた AdWords の機能強化
・・・Googleアドワーズの公式ブログでのエンハンストキャンペーンの紹介記事です。
これもエンハンストキャンペーンの断片的な情報しか載っていないので、かえってわかりにくうなっています。あまり閲覧をおすすめしません。

エンハンストキャンペーンの概要 – AdWords ビジュアルナビ
・・・前述の概要PDFがサイトで閲覧できます。
情報量が盛りだくさんすぎて、PCやスマフォで見るにはあまり適していませんが、早見したい人にはおすすめ。

●アドワーズエディタやAPIなどGoogle関連技術へのエンハンストキャンペーンへの対応(日本語)

バージョン 10.0 – AdWords Editor ヘルプ
・・・アドワーズエディタの最新版がエンハンストキャンペーンに対応済。一括アップグレード、モバイル入札単価調整、地域入札単価調整、広告のデバイス優先チェック入れが可能に。
キャンペーンをアップグレードする – AdWords Editor ヘルプ
・・・アドワーズエディタでのエンハンストキャンペーンの設定方法マニュアル。

Inside AdWords-Japan: AdWords API のエンハンスト キャンペーンのサポートについて
・・・APIに関係する人のみ読めばよい記事。APIがエンハンストキャンペーンに対応してサポートするよ、というポジティブな内容。

AdWords エンハンスト キャンペーンと DS – DoubleClick Search ヘルプ
・・・DoubleClick Searchに関係する人のみが読めばよい記事。こちらもポジティブな内容。

●ヤフージャパンの検索キーワード広告(スポンサードサーチ)のエンハンストキャンペーンへの対応

【重要】スポンサードサーチにおけるキャンペーン機能の強化について | サポート情報 | Yahoo!プロモーション広告
・・・サイト内の記述に、「同一キャンペーン内で「デバイス」、「時間」、「地域」ごとの入札管理が可能」とありますので、Googleアドワーズのエンハンストキャンペーンをそのまま使うことになるようです(現在のスポンサードサーチの基幹部分はGoogleアドワーズで動いているため)。導入は2013年夏。名称は別のものになるか、あるいは特に名称がないままアップグレードされるでしょうね。
●Googleによるエンハンストキャンペーンについての公式ブログ(英語)

Enhancing AdWords for a constantly connected world – Inside AdWords(英語)
・・・エンハンストキャンペーンのイメージ動画(1分)があります。英語がわからない人でも、なんとなくは直感的にイメージできるかもしれません。
動画の画面右下に並んでいる一番左の箱のようなボタンをクリックすると「日本語字幕」にすることもできます。

Enhanced campaigns: New bidding tools and mobile bid adjustments – Google Mobile Ads Blog
・・・Google公式ブログによる、複雑な入札の事例。 「($1 x (100% + 50%) x (100% – 20%) x (100% + 25%) = $1.50)で、最終的にfinal bid adjustmetは、+50%とか、もう数字の計算にととてもついていけなそうな(Googleが計算してくれるけどさ)エンハンストキャンペーン。

●Googleによるオンラインセミナー(英語)

Learn with Google webinars – Experienced Advertiser – Google Ads(英語)
・・・GoogleのWEBセミナー(ウェビナー)の、エンハンストキャンペーンに関するセミナーの案内ページ。
メルアドさえ登録すれば誰でも申し込みができ、簡単に参加できます。今後も継続的に、エンハンストキャンペーンのセミナーはやるみたいです。もちろん英語で、たいてい開催が夜中なんできついですが。日本より先行して開催。

Learn with Google webinars(Googleカレンダー)
・・・上記WEBセミナーのGoogleカレンダースケジュール。自分のGoogleカレンダーに取り込みたい人は、下記サイトの「右下」のGoogleカレンダー+ボタンを押すと、インストールできます。日本時間に自動変換されるので開催時間がわかりやすくなります。

↓すでに行われたオンラインセミナー(英語)の動画です。英語がわかる人にとっては後半のQ&Aに価値があるかも。
Enhanced Campaigns Series 101: Overview of enhanced campaigns_AUNZ – YouTube
・・・概要編です。
Enhanced Campaigns Series 201: Device bid adjustments and smarter mobile ads – YouTube
・・・入札調整とモバイル広告について。

●エンハンストキャンペーンに関するお役立ち情報(日本語)

【画像つき】エンハンストキャンペーンを設定してみた(まとめ) – tetesukeのブログ
・・・サイトリンクの設定画面がわかりやすいです。

AdWordsエンハンストキャンペーンのはじめ方 | Happy SEM
AdWords Editor(アドワーズエディタ)が10.0にアップグレード | Happy SEM
・・・画面で設定方法がわかりやすく解説されています。

エンハンストキャンペーン導入に伴い、品質スコアはどうなるの? | グーグル アドワーズ ラボ
・・・エンハンストキャンペーンへ以降する際の品質スコアについて、とてもわかりやすくまとめられています。おすすめ。

Google AdWordsのエンハンストキャンペーンのよくある50の質問 | SEM-LABO
・・・前述のQ&AのPDFの内容が、とてもわかりやすい用語と構成にリライトされて書かれています。おすすめ。

<AdWords>PCでも電話番号指定オプションが表示されるようになった!?
・・・電話オプションについての変更点まとめが記載されています。PCでの表示は確かにされていますね。PCの効果を狙ったというより、仕様上仕方なくそうした、という背景もあるかも。

成功?失敗?エンハンストキャンペーン | GoogleAdWords広告の実践ブログ
・・・「エンハンストキャンペーンにより、できなくなるユーザーターゲティング」の4点がわかりやすいです。

●エンハンストキャンペーンに関するお役立ち情報(英語)

Enhanced Campaigns: The Future Is Now
・・・エンハンストキャンペーンにおいて、context(コンテキスト)という日本語にしづらい概念について、Googleがどのようなデータを元に広告を出そうとしているか、の事例を挙げている。スクリーンサイズ、デバイスなどはもとより、住居、働いている場所などもログインをしていれば推測は可能と。確かに。

Adwords Newsflash: Enhanced Campaigns
・・・エンハンストキャンペーンの変更視点について、まとめられています。「何が変わるのか」「それはなぜか」「私たちは何を考えるべきか」という三段論法のフレームワークがわかりやすいです。社長や上司、広告主(クライアント)への説明に使えるのではないでしょうか。

Should You Upgrade To AdWords Enhanced Campaigns?
・・・エンハンストキャンペーンに今すぐアップグレードするべきかどうか、の具体的な指標が示されていて面白いです。「Accounts Struggling With Geographic Bidding(地域ごとの入札をしていてごちゃごちゃしているアカウント)」など。

Google AdWords Enhanced Campaigns – Are You Ready? – Loves Data Blog
・・・エンハンストキャンペーンの愛すべき点と、悲しむべき点、とに分けて解説。わかりやすいです。

Sylvain Pastor – Google+ – The guy in the Google Enhanced Campaign webinar just…
・・・クロスデバイス・コンバージョンができるようになるらしい、の図

●エンハンストキャンペーンに対する考察や意見(日本語)

米Google、エンハンストキャンペーンを発表 – AdWordsをアップグレード::SEM R (#SEMR)
・・・記事最後に考察が書かれています。

エンハンストキャンペーンに対し批判が殺到中? | グーグル アドワーズ ラボ

グーグル、モバイル広告の値上げが狙いか 検索連動広告の方針転換に不満が続出
(※記事中の「『パソコンには広告を出したいが、画面の小さなスマートフォンには出したくない』といった広告主の希望が通らなくなる」の記載は間違い。この希望は実現できて、その逆ができないのです)

エンハンストキャンペーンがモバイル(スマホ)だけに配信出来ない事はネガティブな事か? | リスティング広告相談所

エンハンストキャンペーンを否定することはAdWords運用者としての退化につながります | リスティング広告運用者のためのコミュニティ&イベントスペース|SEMカフェ

●エンハンストキャンペーンに対する考察や意見(英語)

2/26更新
Google Mobile Ads: An Interview with Surojit Chatterjee | WordStream
Googleのモバイルサーチ広告の責任者へのインタビュー記事。エンハンストキャンペーン導入の背景などが語られている。

First Reaction to AdWords Enhanced Campaigns | SEER Interactive
・・・Googleが2005年にAndroidを買収→2011年にGOMOスタート→2012年のプライバシー変更などを経て、エンハンストキャンペーンの発表がなされた経緯から考察している点が面白いです。基本的にエンハンストキャンペーンに対しては批判的ではありますが、「disappointed, but not surprised」という本人のコメントが印象的です。

Google Adwords New Enhanced Campaigns – Razorfish POV | Razorfish Search
・・・「Challenges」という項目の中に、クリック単価高騰の懸念の理由が記載されています。ただ、「Benefit」ももちろん認めています。

Report: What Google’s Enhanced Campaigns Mean for Marketers | 360i Blog
・・・「スマフォからの検索ニーズは広告主にとってチャンスなのにそれが活かされていないのでひとつのキャンペーンにまとめたのだろう」、というGoogleの意図を認めつつ、「デバイス毎にユーザーがそもそも違う検索行動をするのにターゲティングができなくなる」「クリック単価が高騰する懸念」という理由で批判的な記載もあります。

AdWords Enhanced Campaigns: Google Changes Mobile Campaign Management | WordStream
・・・こちらの記事も、多数のメリットを紹介しながらも、モバイルのクリック単価上昇については、「Yes. I believe that on average,」という評価をしています。

Fact Checking Google: Tablet and Desktop Are Not the Same! | PPC Hero®
・・・タブレットのCPAもコンバージョン率も悪いので、PCと一緒にすべきではない、というエンハンストキャンペーン反対論。「 Conversion Rate is 19% lower for Tablets, and the CPA is 14% higher」と。日本じゃアメリカほどタブレットは普及してないけど。

Top Six Myths About Google AdWords Enhanced CampaignsFang Digital
・・・エンハンストキャンペーンの擁護記事。モバイルのクリック単価は上がらない、全体としてコントロールの自由度を失うわけではない(むしろ増える)、といった「エンハンストキャンペーン批判論」に対する反論を6つの視点で解説。若干、ロジックに納得感は薄いですが一理あり。

Enhanced Campaigns – It Isn’t All Bad, But We Have Some Thoughts | PPC Hero®
・・・エンハンストキャンペーン批判記事。「スマフォとPCそれぞれキーワードレベルで細かい設定ができなくなって大雑把なコントロールしかできなくなるのは成果が出しにくい。これがスモールビジネス(小さなレストランとか)ならわかるけど、全部のアカウントに提供なんて信じられない」「デバイスごとの予算管理ができないのは問題」という主旨。

●エンハンストキャンペーンに関する記事のリンク集(英語)

25 SRSLY Clutch Google AdWords Enhanced Campaign #PPC Blog Posts | aimClear® Blog
・・・25のエンハンストキャンペーンに関する有用な記事をまとめたリンク集です。

●Googleがエンハンストキャンペーンを導入した背景に関する資料(英語)

Navigating the new multi-screen world: Insights show how consumers use different devices together – Google Mobile Ads Blog
・・・2012年にGoogleが公式ブログで発表した、マルチスクリーンに関する記事。「90% of people move between devices to accomplish a goal」「77% of viewers watching TV with another device in hand」などがポイント。

services.google.com/fh/files/misc/multi-screen_infographic.pdf
・・・マルチスクリーンに関する統計のインフォグラフィック。「90%of people use multiple screens sequentially」「67% of people have used multiple devices sequentially to shop online」などがポイント。

services.google.com/fh/files/misc/multiscreenworld_final.pdf
・・・Googleによるマルチスクリーンに関する45ページの統計資料。上記ブログとインフォグラフィックのリソース。「Understanding Cross-platform Consumer Behavior」のサブタイトルが付いています。Executive summaryにおける、1,multi-screeners. 2,The device we choose to use is often driven by our context 3,Sequential screening, Simultaneous screening 4,TV most common devices that is used simultaneously 5,search is sequential usage 6,attention is split 7,starting point for activities across multiple screens 8,spontaneously “found time”という8点を理解することは、エンハンストキャンペーンの機能を考える背景として重要。

Going for Mobile Gold: 10x increase in Olympics mobile searches globally – Google Mobile Ads Blog
・・・2012年8月にGoogleがオリンピックの開始2日間でオリンピックに関連した検索がどれだけスマフォ・タブレットであったかを調査したインフォグラフィックが掲載されている。それによると日本は55%で世界一。

続:モバイルの今が痛いほどわかるインフォグラフィック ~ admarketech.
・・・モバイルからのアクセス比率が2013年にはPCを逆転する、という予測のインフォグラフィック。ややモバイル礼賛という感じですが、納得感もあります。エンハンストキャンペーンが導入された背景のひとつの根拠論として(解説日本語、グラフィック英語)。

Google AdWords overhaul: Good for Google, but businesses cringe | ZDNet
・・・エンハンストキャンペーンの大きな変化のひとつとして、同一キャンペーン複数デバイス選択における「Smart Pricing and bid modifiers」を行わなくなる、という点がありますが、その点について、背景などが書かれています。

●Googleがエンハンストキャンペーンを導入した背景に関する資料(日本語)
スマートフォンをビジネスチャンスに変えるのは今です – YouTube
・・・ちょっと古い資料ですが、Googleが日本でスマフォに関するオンラインセミナーを開催した時の動画。検索数の増加率、クロスデバイスの概念図、スマフォサイトのアイキャッチ実験など、貴重な資料がたくさんあり必見。

●まとめのコメント

日米ともに、エンハンストキャンペーンに対しては、批判的な意見もあれば、とても肯定的な意見も多くありますね。
アメリカのブログ記事の多くが「メリットとデメリット」を同時に記載し、デメリットの点として、モバイル(スマフォ)のキーワードの広告クリック単価高騰について懸念を表明しているのに対し、日本ではそのようなコメントがあまり見られないのは、良くも悪くもお国柄でしょうか。

ただし、エンハンストキャンペーンによって、既存のキャンペーン時よりも、「コンバージョン数増加」「CPA良化」あるいは他のメリットがもたらされるのであれば誰も文句はないはずですから、このへんはいずれ未来の数字によってGoogleの判断が正しかったのか、そうでなかったのかどうかが判断されることでしょう。

いずれにしても、前述までの情報収集をした後、一方だけの意見だけに偏ることなくご自身でテスト・探求し、考察・評価されることをおすすめします。
その結果、Googleに対してエンハンストキャンペーンの仕様改善を自分の立場から要求したい、あるいは問題提起したいと考えたならば、ブログで発信する、直接要望を伝える、メディアを使う、といった手段で、メッセージを発信していけばよいのではないでしょうか。

なお、過去にも、Googleが広告ローテーションの均等配信の設定を90日後に自動最適化する仕様に変更したことに対して、プロフェッショナルユーザーから反対意見が多く出たため、元の仕様をオプションとして追加し、Googleが推進したいアドワーズの自動最適化のみではなく、ユーザーがコントロールする権利も確保した経緯などもありますので、自分なりの意見を伝えることはとても大事だと私は思います。
※参考:Inside AdWords-Japan: キャンペーンの「広告のローテーション」設定に、[無期限で均等に表示] オプションを追加しました

Googleとしても、エンハンストキャンペーンに対する意見を歓迎していますので、英語ですが、こちらのフォームから率直に要望があればどんどんされるとよいでしょう。
Feedback on AdWords enhanced campaigns – Google
・・・エンハンストキャンペーンに対するフィードバックを送信できるフォーム:英語。
「 we welcome your feedback and specific product suggestions to help improve the product(エンハンストキャンペーンに対するフィードバックと提案を歓迎します。機能改善に役立たせていただきます).」との記述があります。

ということで、今後、エンハンストキャンペーン自体の仕様が変化する可能性も十分あり得ますので、今すぐ既存のキャンペーンをアップグレードする必要はないと思われます(一度アップグレードしてしまうと元にもどせません)。
※twitter、facebook、はてぶ、G+、歓迎。
リンク貼り、引用、転載ぜんぶOKです。ご自由にお使いくださいね。
みなさんのご意見もぜひお聞きしたいです。



滝井秀典メルマガに登録

PPC広告成功の極意やセミナー優待情報。セミナーはメルマガの告知で毎回すぐ埋まってしまいますんでぜひご登録を。

アドレスを入力して、登録する方はこちら

空メールを送信して登録もできます。


プロフィール

  • 滝井秀典
  • キーワードマーケティング研究所 代表取締役。検索キーワード広告(PPC、リスティング広告)の研究、実践、教育をしています。会社の方では運用代行など。
  • キーワードマーケティング研究所

著書・推薦本

公式ブログ

検索広告のテクニカルなノウハウなどはこちらから↓
公式キーワードマーケティング研究所ブログ

twitter

アーカイブ